So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

73 憎しみの樽 Le Tonneau de la Haine


       73 憎しみの樽

「憎しみ」は青白いダナイデスの樽だ。
狂ったような「復讐」は、赤く強い腕々で
死者たちの血と涙でいっぱいの大きな複数の手桶で
樽の空虚な闇のなかに注ぎいれても無駄である。

「悪魔」がその深淵に秘密の穴をあけている、
それにより、千年の汗と努力が漏れ出てしまう、
たとえ「復讐」が、犠牲者たちを蘇らせ、
彼女らを締めつけるために、生き返らせても。

「憎しみ」は居酒屋の奥にいる飲み助だ、
そいつは渇きがリキュールから生まれるのを常々感じ、
レルネのヒュドラのように増えている。

― だが幸せな酒飲みらは彼らの勝利者を知っている、
それなのに「憎しみ」は、哀れな運命を定められ、
決してテーブルの下で眠り込むことはできない。



共通テーマ:学問

72 陽気な死者 Le Mort joyeux 

      72 陽気な死者

豊かな地面に、それもエスカルゴでいっぱいだが、
私は深い穴を自分で掘りたい、
そこに私はゆっくりと私の古くからの骨を並べ
忘却のなかに眠っていいだろう、波間の鮫のように。

私は遺言が嫌いだ、そして墓が嫌いだ。
世間の一粒の涙を懇願するくらいなら、
生きながら、私は烏らを招き、
私の不浄な体の端々まで血まみれにつつかせよう。

オー蛆虫ら! 闇の仲間ら、耳がなく目もないな、
見よ、君らの方に、自由で陽気な死者が来るぞ。
悟りすました道楽者ら、腐りきった息子ら、

私の残骸を通って行け、悔いを残さないように、
そして私に言え、まだ何か責め苦があるかどうか、
魂のない死人らのなかの死人の、この古い体にとって!



共通テーマ:学問

71 幻想的版画 Une gravure fantastique


      71 幻想的版画

この奇妙な亡霊の身なりと言えば、
骸骨の頭のうえに珍奇にかぶった
恐ろしげな王冠だけだ、謝肉祭の匂いもする。
拍車や鞭なしで、彼は馬を息切れさせている、
馬も彼のように幽霊で、黙示録のような駄馬、
癲癇のように鼻から泡を吹いている。
空間を切って人馬はともに突き進み、
無限を踏みにじる、無謀な蹄で。
騎手は炎のサーベルを振り回す、
その馬が押しつぶす名もない人込みの上で
それから駆け巡る、館を巡視する王子のように、
広大で寒く、果てしない墓地を、
そこに横たわるのは、白くくすんだ太陽の微光を受けた
古今の歴史の国民たち。



共通テーマ:学問

70 埋葬 Sépulture


        70 埋葬

もし重く陰気なある夜に
善きキリスト教徒が、慈悲心から、
どこかの古い廃墟の裏に
虚栄のあなたの体を埋葬するなら、

その時刻は、純潔の星たちが
重くなった目を閉じる時だが、
蜘蛛はそこに巣を、
マムシは子供を作るだろう、

一年中あなたが聞くことになるのは
断罪されたあなたの頭上での
狼や腹をすかせた魔女の

ひどい叫び声、
好色老人の大はしゃぎ、
腹黒い詐欺師の陰謀。



共通テーマ:学問

69 音楽 La Musique


        69 音楽

音楽は私をしばしば捉えるのだ、ある海のように!
   私の淡い星に向かって、
霧の天井のもと、または広大なエーテルのなか、
   私は帆走につく。

張り出す胸とふくれた肺
   帆のようだ、
私は積み重なる大波の背を乗り越えている、
   夜の闇が隠すのはそれらの大波。

私は感じている、苦しむ船のあらゆる熱情が
   私の中で震えるのを。
順風、嵐、それらによる大混乱は

   巨大な深淵の上で
私を揺すっている。別の時には、べた凪、大いなる鏡
   我が絶望のだ!



共通テーマ:学問

68 パイプ La Pipe


        68 パイプ

私はある作家のパイプなんです。
アビシニアかカフラリア出身の
私の顔つきをよく見れば、私の主人が
ヘビースモーカーだとわかるでしょ。

彼が苦痛で満たされた時、
私は煙を出すの、藁屋のようにね、
そこでは農夫の帰りのために
料理が準備されているの。

私は彼の魂を抱きしめ揺すってあげる、
青くゆらぐパイプ網のなかのこと、それは
燃えている私の口から立ちのぼるわ。

それから私は強力な慰めのハナハッカをまぶすの、
それは彼の心をうっとりさせ、
彼の精神の疲れを癒してあげるの。



共通テーマ:学問

67 ミミズクたち Les Hiboux


      67 ミミズクたち

彼らを守るイチイの木のなかに、
ミミズクたちは並んでいる、
異国の神々のように、
赤い目を投げかけて。彼らは瞑想している。

動かずに、彼らはじっとしているだろう、
憂鬱の時まで、
それは傾いた太陽を押しやって、
暗闇が生じる頃。

彼らの姿勢が賢者に教えるのは、
この世で恐れなければならない
動乱と運動。

過ぎ去る影に酔うその人が
いつも負っているのは、
場所を変えたがっていたことの懲罰。



共通テーマ:学問

66 猫たち Les Chats


        66 猫たち

熱烈な恋人たちや謹厳な学者たちが
熟年になると、等しく愛するのは猫たち、
たくましくて優しい、家の誇り、
彼らのように寒がりで、家にこもっている。

学問と快楽の友である猫たちが
探し求めるのは、沈黙と闇の恐怖。
暗黒神は猫たちを葬送の駿馬に使っただろうに、
もし猫たちがその誇りを隷属状態にしたならば。

猫たちは夢想しているとき気高い態度をとる、それは
人けのない奥底に横たわる、巨大なスフィンクスで、
果てしない夢のなかに眠り込んでいるようだ。

実り多いその腰は、魔法の火花に満ちている、
そして金の小片が、細かい砂のように、
かすかに星をちりばめている、その神秘の瞳に。



共通テーマ:学問

65 月の悲しみ  Tristesses de la lune

 
      65 月の悲しみ

今夜、月は夢を見ている、もっとゆるやかに、
まるで美女が、多くのクッションのうえで、
うわの空の軽やかな片手によって、眠りにつく前に、
彼女の両乳房の曲線を愛撫するように。

柔らかな雪崩のサテンの背もたれのうえでは、
死ぬくらい、長い失神に身をゆだねている、
それから白い幻に視線を巡らせる、それは
花々が咲くように青空のなかを昇っている。

時にこの若い乳房のうえで、無益な物憂さから、
彼女が一筋のすばやい涙を落とすとき、
ひとりの敬虔な詩人、眠りの敵は、

彼の手のくぼみのなかに、この淡い涙をつかみ、
虹色に反映したオパールのかけらのようであるが、
それを彼のハートに入れておく、太陽の眼から離れて。



共通テーマ:学問

64 秋のソネット Sonnet d'automne


       64 秋のソネット

それらは私に言う、君の両目、水晶のように透明、
「変な人、あんたにとって私のいいとこって何?」
― 魅力的であれ、そしてしゃべらない! 私の心が、
太古の獣の無邪気さは別として、全く苛立っているが、

見せようとしないものは、地獄のようなその秘密と、
子守女その手で長い眠りを私に起こさせるのだが、
書かれた恋の炎を加えた黒い伝説もだ。
私は情熱を憎むし、エスプリは気分が悪くなる!

優しく愛しあおう。「キューピッド」は見張り小屋で、
腹黒く、待ち伏せて、運命の弓を引き絞る。
私は知っている、彼の古い武器庫にある飛び道具、

すなわち罪、恐怖そして乱心を! ― オー青白い
マーガレット! 私のように君も秋の太陽ではないのか、
オーそんなに白く、そんなに冷たい私のマルグリット?



共通テーマ:学問
前の10件 | -