So-net無料ブログ作成
検索選択

36 バルコニー Le Balcon


       36 バルコニー

思い出を創る人、愛人のなかの愛人、
オー君、すべての我が快楽!オー君、すべての我が務め!
君は思い出しなさい、愛撫の美しさ、
暖炉の心地よさ、夜々の魅惑を、
思い出を創る人、愛人のなかの愛人!

それらの夜々、石炭の炎に照らされていた、
それらのバルコニーの夜々、バラ色の靄に包まれていた。
なんと君の胸が甘美で、なんと君の心が優しかったことか!
私たちは不滅の事をよく語った、
それらの夜々、石炭の炎に照らされていた。

なんと刻々の太陽は美しいことか、暑い夕暮れのなかで!
なんと空間は深く、なんと心は力強いことか!
君の方へ身を傾ければ、あがめられる女たちの女王、
私は君の血の香りをかぐ気がしていた。
なんと刻々の太陽は美しいことか、暑い夕暮れのなかで!

夜は隔壁のように厚くなっていた、
私の眼は闇のなかに、君の瞳をさぐりあて、
君の吐息を飲んだものだ、オー甘美! オー毒!
君の両足は、親しげな私の両手のなかで眠っていた。
夜は隔壁のように厚くなっていた。

私は幸せの一瞬一瞬を思い起こす術を知っている、
そして過去を再び生きている、君の膝の間にかがんで。
というのは、君の物憂げな美しさを求めても何になろう、
君のいとしい体、君のこれほど甘美な心のほかに。
私は幸せの一瞬一瞬を思い起こす術を知っている。

あれらの誓い、あれらの香り、あれらの無限のキスは、
我々の測鉛を禁じられた深淵から、蘇るだろうか、
太陽が深い海の底で洗われた後、
若返って空に昇るように?
― オー誓い! オー香り! オー無限のキス!



共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。