So-net無料ブログ作成

38 幻影 Un fantôme Ⅰ 暗闇 Les Ténèbres

        
          38 幻影

            Ⅰ

            暗闇

はかり知れない悲しみの穴倉のなかで、
そこでは「運命」が私をすでに追いやっている、
そこではバラ色で明るい光が決して入らない、
そこでは不機嫌な女主人の「夜」と一緒の孤独で、

私は、ある嘲る「神」によって、アー!、暗闇に
絵を描くことを強いられた画家のようだ、
そこでは陰気な食欲のある料理人で、
私は、自分の心臓を煮て食べる、

ときどき輝き、身を伸ばし、横になる
ひとつの亡霊は優美と華麗を見せている。
東洋風の夢見がちな様子で、

それが全身を現すとき、
我が美しい客を私は覚えている、
「彼女」だ! 黒い、それでも輝いている。




共通テーマ:趣味・カルチャー