So-net無料ブログ作成

45 告白 Confession

         45 告白

一回、ただ一度、愛想のよい優しい女、
   私の腕に磨かれたあなたの腕が
もたれかかった(我が魂の暗い背景のなかで
   あの思い出は少しも色あせない)。

遅い時刻だった、新しいメダルのように
   満月は誇示していた、
そして夜の荘厳は、大河のように、
   眠るパリの上を流れていた。

そして家々に沿って、それぞれの表門の下を、
   猫たちはこっそり立ち寄っていた、
聞き耳を立て、あるいは、親しい亡霊のように、
   ゆっくり私たちに同行するのもいた。

突然だった、ほのかな光の下で花ひらいた、
   自由な親しさのなかで、
輝かしい陽気しか振動しない、
   豊かでよく響く楽器のあなたから、

きらめく朝のファンファーレのように
   明るく楽しいあなたから、
愁いに満ちた音色が、奇妙な音色が
   よろめきながら漏れ出た、

まるでひ弱で、醜く、陰気で、汚い女の子のように。
   彼女の家族が赤面し、
彼女を世間から隠すために、穴倉のなかに
   長く秘密にしていたであろう女の子だが。

哀れな天使、甲高いあなたの音色が歌っていた。
   「何もないわ、この世で確かなものは、
そして相変わらず、どんなに入念にお化粧しても
   表れるのは人間のエゴイズム!

美しい女であることは、つらい務め、
   でも平凡な仕事よ、
機械的に微笑して、うっとりする
   浮かれて冷たい踊り子の!

人の心の上に建物を築くのは、愚かなこと、
   愛と美はすべて裂ける、
『忘却』がそれらを『永遠』に返すために
   背負いかごにそれらを投げ入れるまで!」

私はしばしば思い起こした、あの魔法めいた月を、
   あの沈黙とあの憂愁を、
そして、心の告解室でささやかれた
   あの恐ろしい打ち明け話を。



共通テーマ:趣味・カルチャー