So-net無料ブログ作成

52 美しい船 Le Beau Navire


       52 美しい船

私は君に話したい、オー柔らかな女魔術師!
君の若さを飾る、色々な美を。
  私は君の美を君に描きたい、
それは少女時代が成熟に混じっている。

君の大きなスカートで風を払って行くとき、
君は美しい船の印象を与えている、それは沖に出て、
  帆を張り、そして行く、横揺れして、
心地よい、怠惰な、遅いリズムに従って。

広くまるい君の首の上に、太った両肩の上に、
君の頭は、異国の優雅を現し、すましている。
  穏やかで絢爛豪華な様子にして
自分の道を行く君、威厳のある子供だ。

私は君に話したい、オー柔らかな女魔術師!
君の若さを飾る、色々な美を。
  私は君の美を君に描きたい、
それは少女時代が成熟に混じっている。

君の乳房、前に出てモアレ模様を押している、
君の乳房、勝ち誇っているが、美しい衣装箪笥だ、
  それらの中高で明るいパネルは
盾のようで、きらめきを帯びている。

挑発的な盾だ、ピンクの鋲を備えている!
甘い秘密の衣装箪笥、良いものでいっぱいだ、
  ワイン、香水、リキュール
それらは多くの脳と心を錯乱させるのだ!

君の大きなスカートで風を払って行くとき、
君は美しい船の印象を与えている、それは沖に出て、
  帆を張り、そして行く、横揺れして、
心地よい、怠惰な、遅いリズムに従って。

気品ある君の両足は、それらがシャッセする裾飾りの下で、
暗い情欲を揺さぶり、いらだたせ、
  二人の女魔法使いのようだ、彼女らは
深い壺のなかで黒い媚薬をかき回している。

君の両腕は、早熟な怪力男らを手玉に取るだろうが、
つやのある大ヘビの確実なライバルで、
  執拗に締めつけるため、
君の恋人を君の心に刻印するようだ。

広くまるい君の首の上に、太った両肩の上に、
君の頭は、異国の優雅を現し、すましている。
  穏やかで絢爛豪華な様子にして
自分の道を行く君、威厳のある子供だ。



共通テーマ:趣味・カルチャー