So-net無料ブログ作成

55 おしゃべり Causerie


       55 おしゃべり

あなたは美しい秋の空、澄みわたりバラ色だ!
だが悲しみは、私のなかで海のように満ちてくる、
そして引き潮になると、私の不機嫌な唇に
苦い泥土の焼けつく思い出を残している。

― 君の手は空しく滑っている、ぼうっとした
私の胸の上を。恋人、その手が探すものは、女の爪と
凶暴な歯によって荒らされた場所だ。
もう私の心を探しなさんな、それは獣が食べた。

私の心は暴徒によって汚された宮殿だ。
奴らはそこで酔いしれ、殺しあい、髪をつかみあう!
― 香りが漂う、あなたの裸の胸のあたりに! . . .

オー美、魂に激しく災難を与える人、それが君の望みだ!
祭りのように輝く、君の炎の両目で、
獣らの食い残したこれらの残骸を焼き尽くせ!



共通テーマ:趣味・カルチャー