So-net無料ブログ作成

56 秋の歌 Chant d'automne


        56 秋の歌

            Ⅰ

やがて我々は沈むだろう、寒い暗闇のなかに。
さらば、激しい光、我々の夏はあまりにも短い!
私はもう聞えている、たき木が陰気な音で落ちるのを、
それは中庭の敷石の上で鳴り響いている。

すべての冬が、私の存在のなかにもうすぐ戻る。怒り、
憎しみ、戦慄、恐怖、つらくて強いられた労働、
そして、極地の地獄のなかにある太陽のように、
私のハートは、もはや凍った赤い塊でしかないだろう。

私が震えながら聴くのは、落ちる各々の薪(まき)。
建設中の火刑台にも、これほど籠った反響はない。
私の精神は、敗北する塔によく似ている、
疲れ知らずで重い破城槌を何度も受けていて。

私には思える、この単調な音に揺らされると、どこかで
誰かが、あわただしく柩に釘を打っているように。
誰のために?― 昨日の夏だった、ここにある秋!
この不思議な物音は、ひとつの出発のように鳴っている。

            Ⅱ

私はあなたの切れ長の目の、緑がかった光が大好きだ、
優しい美人、しかし今日はすべてが私に苦い、
そして何も、あなたの愛も、部屋も、暖炉も、
私にとって、海上で光り輝く太陽には及ばない。

それでも私を愛してください、優しい人!母にもなって
ください、恩知らずの人、意地悪な人のためでさえ。
恋人か妹にもなってください、つかの間の優しさを、
それは輝かしい秋、沈みゆく太陽のよう。

短い仕事!墓が待っている。墓は貪欲!
アー!私にさせてください、私の額をあなたの膝に置き、
灼熱の白い夏を惜しみながら、
晩秋の穏やかで黄色い光を味わうことを!



共通テーマ:趣味・カルチャー