So-net無料ブログ作成

58 午後のシャンソン Chanson d'après-midi


      58 午後のシャンソン

意地悪な君の眉毛が
変な様子を君に与え、
天使には似てないが、
蠱惑の眼をしている魔女、

私は君を崇める、オー私の軽薄女、
私のすさまじい情熱!
偶像に仕える
司祭の信心のように。

砂漠と森の
香りがする、君の硬い編み毛には。
君の顔は、謎と秘密の
色々な見せかけをする。

君の体には香りがさまよう、
香炉の周りのように。
君は夕暮れのように魅了する、
黒いそして熱いニンフ。

アー! 最強の媚薬も
君の怠惰にはかなわない、
そして君は死者をよみがえらせる
愛撫を知っている!

君の腰が恋するのは
君の背中と君の乳房、
そして君はクッションの心を奪う
君の物憂げなポーズで。

時には、謎の熱狂を
静めるために、
君は、真剣に、
かみつき、キスしまくるのだ。

私の褐色の人、君は私を引き裂く、
嘲笑しながら、
それから君は私の心に
月のような君の優しいまなざしを注ぐ。

君のサテンの靴の下に、
君のかわいい絹の足の下に、
この私が置くのは、私の歓喜、
私の天分と私の運命、

君によって治された、私の魂、
君、光と色彩、によって!
盛りの爆発
私の黒いシベリアでの!



共通テーマ:学問