So-net無料ブログ作成

61 クレオルの夫人に A une dame créole

 
    61 クレオルの夫人に

香りに満ち太陽が愛撫する国で、
私が知ったのは、真紅にすっかり染められた木々と、
眼に怠惰の雨を降らせる椰子からなる天蓋の下で、
知られざる魅力をもつクレオルの夫人。

彼女の顔色は青白くも暖かい。髪が褐色の魅惑の人は
その首に高貴で気取った様子をもっている。
背が高くすらりとして女狩人のように歩きながら、
彼女の微笑は穏やかで目は自信に満ちている。

もしあなたが、マダム、セーヌや緑なすロワールの
ほとりにある、真の栄光の国に行かれるのなら、
古い館を飾るのにふさわしい美女、

あなたは、鬱蒼とした隠れ家で、詩人らの心に
千のソネットを芽生えさせることになろう、あなたの
大きな目が彼らを黒人の召使らよりも従順にして。



共通テーマ:学問