So-net無料ブログ作成

63 現世に戻った者 Le Revenant


     63 現世に戻った者

野獣の目をした天使のように、
私は君の閨房に戻ってくる、
そして君に向かって音もなく
夜の影とともに滑り込む。

そして私が君に与えようとするのは、
我が褐色の女、月のように冷たいキスと
蛇の愛撫、
それは墓穴のまわりで這っているが。

鉛色の朝が来るとき、
君は私の場所が何もないのを知るだろう、
そこは宵まで冷たいままだ。

他の男らが君の生活と君の若さを
優しさによって支配するので、
私といえば、恐怖によって支配したい。