So-net無料ブログ作成

64 秋のソネット Sonnet d'automne


       64 秋のソネット

それらは私に言う、君の両目、水晶のように透明、
「変な人、あんたにとって私のいいとこって何?」
― 魅力的であれ、そしてしゃべらない! 私の心が、
太古の獣の無邪気さは別として、全く苛立っているが、

見せようとしないものは、地獄のようなその秘密と、
子守女その手で長い眠りを私に起こさせるのだが、
書かれた恋の炎を加えた黒い伝説もだ。
私は情熱を憎むし、エスプリは気分が悪くなる!

優しく愛しあおう。「キューピッド」は見張り小屋で、
腹黒く、待ち伏せて、運命の弓を引き絞る。
私は知っている、彼の古い武器庫にある飛び道具、

すなわち罪、恐怖そして乱心を! ― オー青白い
マーガレット! 私のように君も秋の太陽ではないのか、
オーそんなに白く、そんなに冷たい私のマルグリット?



共通テーマ:学問