So-net無料ブログ作成
検索選択

5 「私が愛する思い出は・・・」

    5 「私が愛する思い出は・・・」

私が愛する思い出は、あの裸の時代、
太陽神が彫像たちを好んで金色にしていた。
その頃、男と女は、身軽に
偽りなく、不安なく、楽しんだものだ。
そして、多情な空が彼らの背骨を愛撫したので、
彼らは気品ある諸器官の健康を行使していた。
大地の女神はその頃、豊かな産物にめぐまれ、
その子供たちを費用のかかる重荷とは少しも思わず、
普遍的な優しさでふくれた心をもつ雌オオカミであって、
褐色の乳房で世界を潤していた。
男は、優雅で、たくましく、頑健で
彼を王と呼ぶ美女たちを誇りにする権利があった。
果実たちは、凌辱がまったくなく、ひび割れひとつなく、
その滑らかで締まった果肉は、噛みつくことを要請していた!

詩人が今日、そうした生まれつきの偉大さを
男の裸や女のそれを眺めさせる場所で
理解したくても、
暗闇の悪寒が私の魂を包むのを感じるばかりだ、
激しい恐怖に満ちた、その黒い場面を前にして。
オー奇形者たち、彼らの衣服を嘆いている!
オー滑稽な胴体! 仮面にふさわしいトルソー!
オー哀れな肉体よ、ねじれ、やせ、腹が出て、ぶよぶよだ、
容赦なくて晴朗である実用の神が、
子孫を青銅の産着でくるんだのだ!
そして君ら、女らよ、アー!大ろうそくのように蒼白だ、
放蕩が彼女らをかじり、飼育している!
それから君ら、処女らよ、母の悪徳の遺伝と
生殖力の醜さのすべてを引きずっているのだ!

われら腐敗した国民は、確かに、
古代の住民に知られていない美をもっている。
心の潰瘍によってかじられた顔、
言うならば憔悴の美だ。
しかし、われらの遅すぎるミューズのそんな発明も
病的な種族が青春に対して、深い敬意を返すことを
決して妨げはすまい、
― 聖なる青春に対して、素朴な様子、優しい額、
流れる水のように澄んで明るい目に対して、
空の青、鳥たち、花々のように
その香り、その歌、その心地よい熱気を
気楽に、すべてのものに与えている青春に対して!


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。