So-net無料ブログ作成
検索選択

42 <今宵君は何を語る. . .> <Que diras-tu ce soir...>

 
    42 <今宵君は何を語る. . .>

今宵君は何を語るのか、孤独で哀れな魂、
君は何を語るのか、我が心、かつてしおれた心、
実に美しい人に、実に優しい人に、実に愛しい人に、
神々しいその眼差しが君を突然、再び花を咲かせた人に?

― 我々は誇りをもって彼女の賛辞を歌いましょう。
何ものも、彼女の威厳の優しさにはかないません。
彼女の霊的な肉体は天使の香りを持ち、
彼女の目は我々を光の衣で包みます。

夜のなかでも、孤独のなかでも、
街のなかでも、群衆のなかでも、
彼女の幻影は空に舞う。松明のように。

時おりそれは話しかけて言う、「私は美しい、それで私の愛
のために、あなたが<美>しか愛さないことを私は命じる。
私は<守護天使>、<美神>そして<聖母>です!」



共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。