So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

50 曇り空 Ciel brouillé


        50 曇り空

まるで君の眼差しは靄で覆われているようだ。
不思議な君の目は(それは青色、灰色、緑色?)
代わるがわるに優しく、夢見がちで、残酷で、
空の無感覚と青白さを映している。

君は白く、生暖かく、ぼやけたあれらの日々を思い出させる。
それらは魔法にかかった心を泣き崩れさせている、
そのとき、心をねじる何とも知れない悪であおられて、
あまりに覚めた神経は、眠る精神を揶揄している。

君は時々それぞれの美しい地平線に似ている。
それらに霧の四季のそれぞれの太陽が火をつける. . .
なんて君は輝いているのか、ぬれた風景
それを曇り空から射す光が燃え上がらせている!

オー危険な女、オーうっとりする風土!
私は君の雪も氷霧も熱愛するだろうか、
そして私は冷酷な冬から引き出せるだろうか、
氷よりも鉄よりも鋭い快楽を?


49 毒 Le Poison

  
        49 毒

ワインは一番きたない安宿を
   奇跡的な豪奢に覆うことができる、
そして伝説の柱廊をひとつならず出現させる。
   赤い蒸気の金色のなかに、
ちょうど曇った空のなかに沈む太陽のよう。

阿片は限界のないものを広げ、
   無制限を伸長する、
時間を深くし、逸楽を掘り下げ、
   そして黒く陰気な快楽を
魂にその容量を超えて満たす。

そんなことすべてが及ばないものは毒、
   それが流れてくるのは君の眼、君の緑の眼、
湖、そこでは私の魂が震え私の姿を裏返しに見る . . .
   私の夢々は渇きをいやすために
苦いその渦巻に大挙してやって来る。

そんなことすべてが及ばないものは恐るべき驚異の
   君の唾液、それは腐食する、
それは私の魂を後悔なく忘却のなかに沈める、
   そして、めまいを押し流し、
衰弱したその魂を死の岸辺へ転がす!


48 小瓶 Le Flacon

         48 小瓶

強い香りがある、それにとってはどんな物質も
多孔質だ。それはガラスを貫くとも言えよう。
オリエントから来た小箱を開けることによって、
そのとき錠前がきしみ嫌がって叫ぶのだが、

または無人の家で、あるタンスを開けることによって、
それは刺すような歳月の匂いに満ち埃をかぶって黒い
のだが、時おり見いだすのは心にとめている古い小瓶。
そのなかから生き生きとほとばしるのだ、蘇る魂が。

千の思考が眠っていた。陰気なさなぎたち、
重い暗闇のなかで穏やかに震えて。
それらが、はねをのばし、飛び立っている。
紺碧に薄く色づき、薔薇色の光沢で、金のラメで。

心酔わせる思い出がある。不安げななかに浮かんで
いるが。眼が閉まる。「めまい」が
負けた魂をつかみ両手で押している、
人間の瘴気に覆い隠された深淵へと。

「めまい」が魂を古い深淵の縁に投げ飛ばす。
そこでは、においを発し屍衣を引き裂くラザロが、
目覚めのなかで動いている。幽霊のような死体。
すえたにおいで魅力的で墓を思わせる古い恋のだ。

それで、私が人々の記憶のなかで忘れられたとき、
陰気なタンスの片隅の、老化した、埃まみれの、
きたない、卑しい、ぬるぬるした、ひび割れた、
悲しみの古い小瓶のように私を人が捨てたとき、

私は君の棺桶になろう、愛すべき疫病!
君の力と君の毒性の証人になろう、
いとしい毒、天使たちによって調合されている!
私を蝕んでいるリキュール、オー私の心の生と死!


47 夕べのハーモニー Harmonie du soir


      47 夕べのハーモニー

今、時が来て、茎の上で震えながら
それぞれの花が香炉のように香りを発散する。
それらの音と香りは、夕べの空気のなかを回っている。
憂鬱なワルツ、悩ましいめまい!

それぞれの花が香炉のように香りを発散する。
ヴィオロンが苦しむ心のように震えている。
憂鬱なワルツ、悩ましいめまい!
空は大きな聖体仮安置所のように、悲しくて美しい。

ヴィオロンが苦しむ心のように震えている。
優しい心のように。それは広大で暗い虚無を憎む!
空は大きな聖体仮安置所のように、悲しくて美しい。
太陽は自分の固まる血のなかで溺れた。

優しい心、それは広大で暗い虚無を憎む、
輝かしい過去からすべての遺跡を受け取る!
太陽は自分の固まる血のなかで溺れた. . .
君の思い出は聖体顕示台のように、私のなかで輝く!


46 霊的な曙 L'Aube spirituelle


        46 霊的な曙

放蕩者らの店に、白と紅の曙が
心をさいなむ「理想」と一緒にさし込むとき、
復讐する神秘の作用により
まどろむ獣のなかに一人の天使が目を覚ます。

「霊的な天」近寄りがたい紺碧は、
打ちのめされ、なおも夢み苦しむ男のために、
深淵の吸引力をともなって、開き奥深く続いている。
したがって、いとしの「女神」、明快で純粋な「存在」、

愚かな乱痴気騒ぎのくすぶる残骸のうえに
君の思い出は、もっと明るくばら色で愛らしくて、
大きくした私の眼に絶えず浮かんでいる。

太陽はろうそくの炎を黒くした。
したがって、いつも勝ち誇る、君の幻影は、
不滅の太陽に似ている。輝く魂!


45 告白 Confession

         45 告白

一回、ただ一度、愛想のよい優しい女、
   私の腕に磨かれたあなたの腕が
もたれかかった(我が魂の暗い背景のなかで
   あの思い出は少しも色あせない)。

遅い時刻だった、新しいメダルのように
   満月は誇示していた、
そして夜の荘厳は、大河のように、
   眠るパリの上を流れていた。

そして家々に沿って、それぞれの表門の下を、
   猫たちはこっそり立ち寄っていた、
聞き耳を立て、あるいは、親しい亡霊のように、
   ゆっくり私たちに同行するのもいた。

突然だった、ほのかな光の下で花ひらいた、
   自由な親しさのなかで、
輝かしい陽気しか振動しない、
   豊かでよく響く楽器のあなたから、

きらめく朝のファンファーレのように
   明るく楽しいあなたから、
愁いに満ちた音色が、奇妙な音色が
   よろめきながら漏れ出た、

まるでひ弱で、醜く、陰気で、汚い女の子のように。
   彼女の家族が赤面し、
彼女を世間から隠すために、穴倉のなかに
   長く秘密にしていたであろう女の子だが。

哀れな天使、甲高いあなたの音色が歌っていた。
   「何もないわ、この世で確かなものは、
そして相変わらず、どんなに入念にお化粧しても
   表れるのは人間のエゴイズム!

美しい女であることは、つらい務め、
   でも平凡な仕事よ、
機械的に微笑して、うっとりする
   浮かれて冷たい踊り子の!

人の心の上に建物を築くのは、愚かなこと、
   愛と美はすべて裂ける、
『忘却』がそれらを『永遠』に返すために
   背負いかごにそれらを投げ入れるまで!」

私はしばしば思い起こした、あの魔法めいた月を、
   あの沈黙とあの憂愁を、
そして、心の告解室でささやかれた
   あの恐ろしい打ち明け話を。


44 可換性 Réversibilité


         44 可換性

陽気でいっぱいの天使、あなたはご存じか、苦悩を、
恥辱、悔恨、すすり泣き、心配事を、
そして漠然とした恐怖を、それは皺くちゃにした紙の
ように心臓を締めつける、あの恐ろしい夜々のものだが?
陽気でいっぱいの天使、あなたはご存じか、苦悩を?

善意でいっぱいの天使、あなたはご存じか、憎悪を、
暗闇で握られた両の拳、苦汁の涙を、
「復讐」が地獄の集合太鼓を打ち鳴らし、
我々の能力の隊長になるときだが?
善意でいっぱいの天使、あなたはご存じか、憎悪を?

健康でいっぱいの天使、あなたはご存じか、「熱病」を、
それは青白い施療院の高い壁に沿って、
流刑者たちのように、のろのろした足どりで立ち去る。
まれな太陽を求め唇をうごめかして?
健康でいっぱいの天使、あなたはご存じか、「熱病」を?

美でいっぱいの天使、あなたはご存じか、皺々を、
老いることの恐れを、あの忌まわしい苦痛を、それは
渇望する我々の眼が長年味わった眼のなかで
献身のひそかな嫌悪を読むときのものだが?
美でいっぱいの天使、あなたはご存じか、皺々を?

幸福、喜び、光でいっぱいの天使、
瀕死のダヴィデ王は君の魔力ある体の霊気に
健康を求めたかもしれない。
だが君に私がこい願うものは、天使、君の祈りしかない、
幸福、喜び、光でいっぱいの天使!


43a 陽気すぎる人に A celle qui est trop gaie


      43a 陽気すぎる人に

君の頭、君の仕草、君の雰囲気は
美しい風景のように美しい。
その笑いは君の顔に戯れる。
明るい空の爽やかな風のように。

君がすれ違う陰気な通行人は
君の健康に目がくらむ。
それは君の両腕から、両肩から
光のようにほとばしっている。

よく反響する色彩は
君の装いにちりばめられているが
詩人の精神に
花々のバレーのイメージを投げ入れる。

それらの気違いじみたドレスは
色とりどりの君の精神のエンブレムだ。
気違いじみた女、私が恋に狂った人だ。
私は君を憎む、私が君を愛すると同じくらい!

時どき美しい庭のなかで
そこは私が自分の無気力を引きずっていたが、
私は太陽が私の胸を引き裂くのを
皮肉のように感じた。

そして春と草木の緑が
私の心をとても侮辱した、
それで私は一輪の花に対して
「自然」の無礼を罰した。

したがって私は、ある夜、
快楽の時間の鐘が鳴るとき、
君の体にあるそれらの宝物へ、
臆病者のように、音もなく這い進みたいものだ、

うれしい君の肉体を懲らしめるために、
赦された君の乳房を傷つけるために、
それから驚いた脇腹に
大きく開いた傷をつけたいと思う、

そして、目くるめくばかりの甘美!
もっと輝き、もっと美しい
この新しい唇を通して
私の毒液を君に注ぎたいものだ、我が妹!


43 生きている松明 Le Flambeau vivant

      43 生きている松明

彼らは歩く、私の前を。これらの「眼」は光に満ち、
ある博識な「天使」が、おそらく磁化させた物だ。
彼らは歩く、これらの神々しい兄と弟は、私の兄弟で、
私の両目にダイヤのように輝く炎の衝撃を与えながら。

私をすべての罠から、すべての重いシンから救いながら、
彼らは私の歩みを「美」からの道へ連れて行く。
彼らは私のしもべで、私は彼らの奴隷だ。
すべての私の存在は、この生きている松明に従う。

すてきな眼々、君たちは神秘の光で輝いている。
それは白昼に燃える数々の大蝋燭が持つ物だ。太陽は
赤く燃えている、だが幻想の彼らの炎を消しはしない。

それらの蝋燭は「死」を称え、君たちは「目覚め」を歌う。
君たちは歩く、私の魂の目覚めを歌いながら。
星々だ、どんな太陽もその炎を衰えさせられない!


42 <今宵君は何を語る. . .> <Que diras-tu ce soir...>

 
    42 <今宵君は何を語る. . .>

今宵君は何を語るのか、孤独で哀れな魂、
君は何を語るのか、我が心、かつてしおれた心、
実に美しい人に、実に優しい人に、実に愛しい人に、
神々しいその眼差しが君を突然、再び花を咲かせた人に?

― 我々は誇りをもって彼女の賛辞を歌いましょう。
何ものも、彼女の威厳の優しさにはかないません。
彼女の霊的な肉体は天使の香りを持ち、
彼女の目は我々を光の衣で包みます。

夜のなかでも、孤独のなかでも、
街のなかでも、群衆のなかでも、
彼女の幻影は空に舞う。松明のように。

時おりそれは話しかけて言う、「私は美しい、それで私の愛
のために、あなたが<美>しか愛さないことを私は命じる。
私は<守護天使>、<美神>そして<聖母>です!」


前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。