So-net無料ブログ作成

63 現世に戻った者 Le Revenant


     63 現世に戻った者

野獣の目をした天使のように、
私は君の閨房に戻ってくる、
そして君に向かって音もなく
夜の影とともに滑り込む。

そして私が君に与えようとするのは、
我が褐色の女、月のように冷たいキスと
蛇の愛撫、
それは墓穴のまわりで這っているが。

鉛色の朝が来るとき、
君は私の場所が何もないのを知るだろう、
そこは宵まで冷たいままだ。

他の男らが君の生活と君の若さを
優しさによって支配するので、
私といえば、恐怖によって支配したい。



共通テーマ:学問

62 悲シミテサマヨフ MOESTA ET ERRABUNDA


      62 悲シミテサマヨフ

言って、君の心は時々飛ぶのか、アガート、
汚い都市の黒い大海から遠く離れて、
もうひとつの大海に向かって、そこは光輝が爆発し、
処女のように、青く、澄み、深い?
言って、君の心は時々飛ぶのか、アガート?

海、広大な海、我々の労苦を慰めよ!
どんな悪魔が海、うなる風の巨大なオルガンが
伴奏するしゃがれ声の歌姫に、子守歌の
その気高い役目を与えたのか?
海、広大な海、我々の労苦を慰めよ!

私を運んで行け、客車! 私を奪い去れ、快速帆船!
遠くへ!遠くへ!ここは泥が我々の涙でできている!
― アガートの悲しい心が時々言うのは本当か?
「悔いから、罪から、苦しみから遠くへ、
私を運んで行け、客車! 私を奪い去れ、快速帆船」

なんとあなたは遠くにいることか、芳香の楽園、
そこでは澄んだ青空のもと全ては愛と喜びだけ、
そこでは人の愛することの全ては愛されるに値する、
そこでは純粋な快楽のなかで心は溺死する!
なんとあなたは遠くにいることか、芳香の楽園!

さて幼い恋の緑の楽園、
競走、歌、キッス、ブーケ、
丘の後ろで響いているヴァイオリン、
夕暮れ、林のなかで、ワインの酒壺とともに、
― さて幼い恋の緑の楽園、

無邪気な楽園、ひそかな楽しみでいっぱい、
それはインドやシナよりも既に遠いのか?
嘆きの叫びでそれを呼び戻し、
銀の歌声で再び活発にできるのか、
無邪気な楽園、ひそかな楽しみでいっぱい?



共通テーマ:学問

61 クレオルの夫人に A une dame créole

 
    61 クレオルの夫人に

香りに満ち太陽が愛撫する国で、
私が知ったのは、真紅にすっかり染められた木々と、
眼に怠惰の雨を降らせる椰子からなる天蓋の下で、
知られざる魅力をもつクレオルの夫人。

彼女の顔色は青白くも暖かい。髪が褐色の魅惑の人は
その首に高貴で気取った様子をもっている。
背が高くすらりとして女狩人のように歩きながら、
彼女の微笑は穏やかで目は自信に満ちている。

もしあなたが、マダム、セーヌや緑なすロワールの
ほとりにある、真の栄光の国に行かれるのなら、
古い館を飾るのにふさわしい美女、

あなたは、鬱蒼とした隠れ家で、詩人らの心に
千のソネットを芽生えさせることになろう、あなたの
大きな目が彼らを黒人の召使らよりも従順にして。



共通テーマ:学問

60 ワガふらんきすかノ讃歌 FRANCISCAE MEAE LAUDES

 
     60 ワガふらんきすかノ讃歌

新シキ弦ニヨリテ我ハ貴方ヲ歌ハム、

以下未訳



共通テーマ:学問