So-net無料ブログ作成

67 ミミズクたち Les Hiboux


      67 ミミズクたち

彼らを守るイチイの木のなかに、
ミミズクたちは並んでいる、
異国の神々のように、
赤い目を投げかけて。彼らは瞑想している。

動かずに、彼らはじっとしているだろう、
憂鬱の時まで、
それは傾いた太陽を押しやって、
暗闇が生じる頃。

彼らの姿勢が賢者に教えるのは、
この世で恐れなければならない
動乱と運動。

過ぎ去る影に酔うその人が
いつも負っているのは、
場所を変えたがっていたことの懲罰。



共通テーマ:学問