So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

51 猫  Le Chat


         51 猫

           Ⅰ
私の脳内を、自分のアパルトマンの
ように歩き回るのは、美しい猫、
強く、柔らかく、心引かれる。
その鳴き声は、かろうじて聞こえる、

それほどまで響きはやさしく控えめだ。
しかしこの声は静まるにしても、うなるにしても、
いつも豊かで奥行きがある。
それが魅力で秘密なのだ。

この声は、最も暗い私の奥底に
真珠となり、しみ通るが、
調和のとれた詩句のように私を満たし、
媚薬のように私を喜ばせる。

その声は、最も過酷な苦痛の数々を眠らせる、
だからすべてのエクスタシーを含んでいる。
最も長い文を言うためにも、
その声は、単語を必要としない。

いや、私の心、完全な楽器に
くい込み、もっと響く弦を
さらに堂々と
歌わせる弓はない、

君の声よりもだ、不思議な猫、
熾天使の猫、別世界の猫、
君のなかで、すべてが天使におけるように
微妙であり調和している!

          Ⅱ
ブロンドと褐色のそれの毛皮から
出てくるのはとても甘い香り、ある夕暮れ
私はその香気に満たされたのだ、一度、
ただ一度だけそれを愛撫したために。

それは場所の守護霊だ。
裁き、司り、その帝国の
すべての物に霊感を与える。
おそらく妖精だろう、それとも神か?

私の眼が、私の愛する猫の方へ
磁石によるように引きつけられ、
素直に振り向くとき、
そして、私が自分自身を見つめるとき、

驚きをともなって私が見るのは
猫の青白い瞳の火、
明るい舷灯、生き生きしたオパールの
瞳は私を熟視している。



共通テーマ:趣味・カルチャー