So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

53 旅への誘い L'Invitation au voyage


       53 旅への誘い

わが子、わが妹、
心地よさを思ってごらん
彼の地に行き、一緒に暮らすという!
  ゆっくり愛し、
  愛し、そして死ぬ
おまえに似ているその国で!
  曇った空からの
  ぬれたそれぞれの太陽には
私の心のための魅力がある
  それほど不可思議だ
  君の裏切りの眼が、
涙を通して輝いている。

あそこでは、すべてが秩序と美、
豪華、静寂そして逸楽だけ。

  艶のある家具たちは、
  歳月に磨かれているが、
私たちの寝室を飾るだろう。
  最もめずらしい花々が
  その匂いを
かすかな竜涎の香に交えるので、
  贅沢な天井、
  奥深い鏡、
東洋の華麗さ、
  すべてがそこで語りかけるだろう、
  ひそかに魂に
その生まれた所の優しい言葉を。

あそこでは、すべてが秩序と美、
豪華、静寂そして逸楽だけ。

見よ、あれらの運河に
  船々が眠っているのを、
気質は移り気のそれらだが。
  君の些細な望みを
満足させるためにだ、
それらが世界の果てからやって来るのは。
  ― 沈む刻々の太陽が
  覆うのは、田園、
運河、都市全体、
  だいだい色と金色で。
  世界は眠っている
暖かい光のなかで。

あそこでは、すべてが秩序と美、
豪華、静寂そして逸楽だけ。



共通テーマ:趣味・カルチャー