So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

54 修復不能 L'Irréparable

   
        54 修復不能

押し殺すことができるのか、古い、長い「悔恨」を?
  それは住み、うごめき、身をよじり、
我々を食べている、まるで死体の蛆虫のように、
  まるで樫の木の毛虫のように、
押し殺すことができるのか、容赦ない「悔恨」を?

どんな媚薬、どんなワイン、どんな煎じ薬のなかで、
  我々は溺れさせようか、この古い敵を?
それは破壊的で貪欲、娼婦のようで、
  アリのように忍耐強い、
どんな媚薬?―どんなワイン?―どんな煎じ薬のなかで?

それを言って、美魔女、オー!言って、おまえが知るなら、
  この心に、それは苦悩でいっぱいだ、
そして瀕死の人のようだ、負傷者らに押しつぶされ、
  馬の蹄に傷つけられていて、
それを言って、美魔女、オー!言って、おまえが知るなら、

死に瀕したこの男に、狼にもう嗅ぎつけられ、
  烏に見張られているが、
壊れたこの兵士に! 十字架と墓を持つことを
  彼が諦めねばならないかどうかを、
死に瀕した哀れなこの男、もう狼に嗅ぎつけられている!

輝かせることができるのか、泥まみれで黒い空を?
  引き裂くことができるのか、闇を
それはタールよりも濃く、朝も夕もなく、
  星もなく、不吉な稲妻もないが?
輝かせることができるのか、泥まみれで黒い空を?

「希望」は、「宿屋」の窓ガラスで光るも、
  吹き消され、永久に死んだ!
月も光線もなしで、悪い道の殉難者を
  泊める所を見つけるなんて!
「悪魔」は、「宿屋」の窓ガラスですっかり光を消した!

とても可愛い魔女、君は地獄に落ちる人達が大好きか?
  言って、容赦できないことを君は知っているか?
「悔恨」を知っているか、その毒矢が
  我々の心を的にしているが?
とても可愛い魔女、君は地獄に落ちる人達が大好きか?

「修復不能」が呪われた歯でかじる
  我々の魂、哀れな記念碑を、
そしてたびたび、シロアリのように
  土台から建物を攻撃する。
「修復不能」が呪われた歯でかじる!

― 私はときどき見た、よく響くオーケストラが
  燃え立つ、ありふれた劇場の奥で、
ひとりの妖精が、地獄の空に、
  奇跡のような夜明けの光をともすのを。
私はときどき見た、ありふれた劇場の奥で、

ある存在が、それは光と金と紗だけのものだが、
  巨大な「魔王」を地面に打ち倒すのを、
だが私の心は、決して陶酔が訪れなく、ひとつの劇場だ、
  そこで人は、いつまでも、いつまでも空しく待つ、
紗の両翼を持つ「存在」を!



共通テーマ:趣味・カルチャー