So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

62 悲シミテサマヨフ MOESTA ET ERRABUNDA


      62 悲シミテサマヨフ

言って、君の心は時々飛ぶのか、アガート、
汚い都市の黒い大海から遠く離れて、
もうひとつの大海に向かって、そこは光輝が爆発し、
処女のように、青く、澄み、深い?
言って、君の心は時々飛ぶのか、アガート?

海、広大な海、我々の労苦を慰めよ!
どんな悪魔が海、うなる風の巨大なオルガンが
伴奏するしゃがれ声の歌姫に、子守歌の
その気高い役目を与えたのか?
海、広大な海、我々の労苦を慰めよ!

私を運んで行け、客車! 私を奪い去れ、快速帆船!
遠くへ!遠くへ!ここは泥が我々の涙でできている!
― アガートの悲しい心が時々言うのは本当か?
「悔いから、罪から、苦しみから遠くへ、
私を運んで行け、客車! 私を奪い去れ、快速帆船」

なんとあなたは遠くにいることか、芳香の楽園、
そこでは澄んだ青空のもと全ては愛と喜びだけ、
そこでは人の愛することの全ては愛されるに値する、
そこでは純粋な快楽のなかで心は溺死する!
なんとあなたは遠くにいることか、芳香の楽園!

さて幼い恋の緑の楽園、
競走、歌、キッス、ブーケ、
丘の後ろで響いているヴァイオリン、
夕暮れ、林のなかで、ワインの酒壺とともに、
― さて幼い恋の緑の楽園、

無邪気な楽園、ひそかな楽しみでいっぱい、
それはインドやシナよりも既に遠いのか?
嘆きの叫びでそれを呼び戻し、
銀の歌声で再び活発にできるのか、
無邪気な楽園、ひそかな楽しみでいっぱい?



共通テーマ:学問